会計・経理用語 【 あ行 】

  【 あ 】

    預り金 (あずかりきん)

    取引先や従業員等から、一時的に預っている金銭債務。

   短期間に、第三者に支払う、若しくは、預った本人に返済される。

  【 源泉所得税 】【社会保険料】など、目的ごとに分類しておくのが望ましい。

   ● 後入先出法 (あといれさきだしほう)

  棚卸資産の計算方法のひとつ。

  同種類の商品等において、最も新しく仕入れた価額のものから先に出荷・販売が

  行われ、在庫は、最も古く仕入れた価額であるという考えとして計算される。

   ● 洗替法 (あらいがえほう)

  決算時の資産評価の処理方法のひとつ。

  有価証券等の評価損益、貸倒引当金の設定時に、前期に評価した損益や設定額を

  一度、元の状態に戻し、あらためて今期の評価損益や設定額を評価する方法。

  【 い 】

   ● 委託販売 (いたくはんばい)

  他社に商品の販売を委託する販売形態で、特殊商品取引のひとつ。

  販売を委託した者を【委託者】、販売を請け負った者を【受託者】という。

  委託者は、商品が売れたら受託者に、手数料を支払う。

   ● 移動平均法 (いどうへいきんほう)

  棚卸資産の計算方法のひとつ。

  同種の商品等において、仕入れる度に在庫の合計仕入額を、

  在庫の合計数量で割って平均単価を算出し、出荷の払出価額とする方法。

  この方法は、有価証券の取得単価算出にも用いられる。

   ● インプレスト・システム (いんぷれすと・しすてむ)

  小口現金の現金補給方法のひとつ。

  一定期間に使用する金額を予め設定して、一定額を支給する。

  一定期間経過後に使用した金額分を補充する。

  定額資金前渡法ともいう。

  【 う 】

   ● 受取手形 (うけとりてがた)

  営業上の取引で、相手先から受取るべき対価や債権について受取った手形をいう。

  【 約束手形 】【 為替手形 】を受取った場合の手形債権の勘定科目。 

   ● 裏書手形 (うらがきてがた)

  裏書されて手形のこと。

  手形の裏書とは、商品代金の支払等の決済に、

  受取っていた満期日前の手形を譲り渡すことをいう。

  手形の裏書に自分の記名をすることから裏書きといわれる。

   ● 裏書人 (うらがきにん)

  決済資金などのために、受取っていた手形を裏書きして他人に譲り渡した人。

   ● 売上原価 (うりあげげんか)

  売り上げた商品や製品の取得原価 ・ 製造原価をいう。

  期間損益計算においては、当期の売上高に直接対応する

  当期の取得原価 ・ 製造原価である。

   ● 売上総利益 (うりあげそうりえき)

  売上高から、それに対応する売上原価を差し引いた額をいう。

  粗利益 ( 粗利 ) といわれるのは、売上総利益を指す。

   ● 売上高 (うりあげだか)

  商品や製品の販売、サービスの提供などの

   会社の本業での取引によって生じた収益のこと。

   ● 売上値引 (うりあげねびき)

  売り上げた商品が品質不良等により、それに相当する金額を、

  売上代金から差し引いて値引をすることをいう。

   ● 売上返品 (うりあげへんぴん)

  売り上げた商品が品質不良等により、返品されること。

   ● 売上割戻 (うりあげわりもどし)

  一定期間中に、ある設定した数量や金額を超えて購入してくれた取引先に対し、

  売上代金から設定した割合の金額を差し引く、報奨金 ( リベート ) などのこと。

   ● 売掛金 (うりかけきん)

  商品の販売やサービスの提供等の主たる営業取引において、

  代金を後日受取る約束で売り上げた対価の未回収額のこと。

 

      右斜め下  他の用語については、こちらから  左斜め下

      【 か行 @ 】 【 か行 A 】 【 さ行 @ 】 【 さ行 A 】

    【 た行 】 【 な・は行 】 【 ま・や・わ行 】