会計・経理用語 【 ま・や・わ行 】

  【 ま 】

   ● 前受金 (まえうけきん)

  商品、製品の引渡しやサービス業における役務提供に先立って、その対価の

  一部あるいは全部を受け取った場合の前受額を処理する。

  前受額は一時的な債務に当たる。

   ● 前受収益 (まえうけしゅうえき)

  一定の契約に従い、継続的に役務の提供をしている場合、いまだ提供していない

  役務に対して既に支払いを受けた対価のこと。

  主に前受利息、前受賃貸料等がある。    

   ● 前払金 (まえばらいきん)

  手付金、内金のこと。

  基本的に商品仕入れに関わる前払金は前渡金で処理するが、前払金で

  処理してもよい。

  有形固定資産の建設等の際に前払いした代金は建設仮勘定になる。

  ⇒ 前渡金

   ● 前払費用 (まえばらいひよう)

  一定の契約に従い、継続的に役務の提供を受ける場合、いまだ提供されていない

  役務に対して既に支払った対価のこと。

  主に前払保険料、前払家賃、前払利息等がある。

   ● 前渡金 (まえわたしきん)

  仕入先に注文した商品や外注先に依頼した役務提供を受ける前に、その代金の

  一部あるいは全部を支払った場合の前払い額を処理する。

  前払い額は一時的な債権に当たる。

  前払金勘定で処理する場合もある。

  ⇒ 前払金

  【 み 】

   ● 未収金 (みしゅうきん)

  固定資産や有価証券の売却代金等の営業取引以外の取引から生じた債権で、

  1年以内に回収されると認められるもの。

  商品の販売やサービスの提供等の本来の営業取引上の債権は売掛金で

  処理する。

   ● 未収収益 (みしゅうしゅうえき)

  一定の契約に従い、継続的に役務の提供をしている場合、既に役務は提供した

  ものの、未だその対価の支払いを受けていない未収額を処理する。

  主に未収利息、未収手数料、未収地代等がある。

   ● 未払金 (みはらいきん)

  固定資産や有価証券の購入代金等の営業取引以外の取引から生じた債務で

  1年以内に支払うものを処理する。

  商品の仕入れ等の本来の営業取引上の未払債務は買掛金で処理する。

   ● 未払消費税等 (みはらいしようひぜいとう)

   ● 未払費用 (みはらいひよう)

   ● 未払法人税等 (みはらいほうじんぜいとう)

  【 や 】

   ● 役員報酬 (やくいんほうしゅう)

   ● 約束手形 (やくそくてがた)

  【 ゆ 】

   ● 有価証券 (ゆうかしょうけん)

  【 よ 】

   ● 予約販売 (よやくはんばい)

  【 わ 】

   ● 割引手形 (わりびきてがた)

   ● 割引料 (わりびきりょう)